表情豊か、奥の松のラベル

芸術品の域に達するほどの特別な酒、暮らしの中にいつもある親しみやすい酒。

さまざまな表情をもちならも、それらすべてに奥の松の酒づくりに対する真摯な思いが込められています。

その多彩で奥深い奥の松の商品ラインアップを彩る顔ともいえるラベルにもまたこだわりを滲ませました。

草月流家元勅使河原宏先生の書による「奥の松」、書道家島崎先生による「奥の松」、地元産の手漉き和紙、伝統の金ラベル……

 

それぞれが商品コンセプトを見事に表現してます。

奥の松が二百九十余年という長い歴史を味わうように、お好みの奥の松と、そのラベルに込められた思いも併せてお楽しみ下さい。